読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレンタインデー

2月13日

妖怪ウォッチでバレンタインデーの話を観た息子。

「明日はバレンタインデーだよ。

チョコが貰える日なんだよ。

誰に貰えるかな〜」

とか言い出した Σ(゜Д゜ )

ワクワクしている… (((°Д°)))

「いや、幼稚園にチョコは持ってきちゃダメだから、

誰からも貰えないと思うよ?」

と言っておいた。

☆☆☆

2月14日

誰からも貰えなくては可哀相だから、

朝起きてすぐチョコレートをあげておいた。

寝起きのせいか、相手が母だからか、

それほど喜びもせず受け取った。

☆☆☆

幼稚園に迎えに行った後、

息子は園庭で遊んだ。

女の子たちはこっそりと友チョコ交換をしていた。

それを見た息子は何やら思うところがあったらしい。

「お友達と遊ばず、よそのお母さんにまとわりついているなぁ…」と思っていたら、

あとでそのママさんに

「コタロウくんが『今日はバレンタインデーなのにチョコレートを貰えなかったんだよ…

どうして貰えなかったんだろう…』

って言っていたよ。

何かあげられたら良かったんだけど、

何も持っていなかったから申し訳なかったよ。」

みたいなことを言われた (ll゜Д゜ll)

息子よ!

何故母じゃなくよそのお母さんに言う?! (_)

☆☆☆

家に帰ってからも

「どうしてチョコが貰えなかったのかなぁ…」と呟くので、

「女の子同士は友達チョコだからいいけれど、

女の子が男の子にあげる場合は

『大好き!』って気持ちを込めてチョコをあげるんだよ。

だからそう簡単にチョコはあげられないんだよ。

コタくんは結婚したいくらい好きな女の子が幼稚園にいる?

チョコを貰ったらその子はコタくんのことが大好きってことなんだよ。」

とか何とか言っておいた。

息子は難しそうな顔をして聞いていた(^_^;)

☆☆☆

2月15日

幼稚園にお迎えに行ったら、

息子が1番好きなお友達(男の子)のママさんが

息子に何かを手渡していた。

「何?何を貰ってる?」と思って近付くと、

「昨日コタロウくんが『バレンタインデーなのにチョコレートを貰えなかったんだよ…』

って言っていたから…

ちょっとだけなんだけど…」

と言ってお菓子をくれた!Σ (´Д`ノ)ノ

息子ー!!

お前は何人のママさんに呟いたんだー!!

☆☆☆

その後、1個下のお友達に手作りチョコを貰った。

バレンタインデーを意識して初めてもらう親族以外からのチョコレート!!

喜ぶかと思ったのに、

息子は何故か逃げ惑ってなかなか受け取らなかった。

何故…?

後で聞いてみたら、

「何をされるかわからなくて怖かったから逃げた。」

と言っていた。

何というへなちょこ息子…(-_-;)

でも嬉しかったらしく、

「バレンタインのチョコ、3個貰えたね♪」

と言っていた。

私があげた分もちゃんとカウントされるのね(^_^;)

その後昨日の話を思い出したらしく、

「Kちゃんと結婚できるかな…」

と呟いていた Σ(゜Д゜ )

バレンタインデー…

大変だわ(-_-;)