読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空母ではありません

 さかんに「ヘリ空母型」とかいってるけど、現実を見ましょう。

 ヘリ母艦は空母ではない。

 そもそも、船はあってもヘリがない。

 まじでない。

 専用のヘリ部隊がないから、全国の海自ヘリをかき集めて格好をつけている。

 そうすると、全国各地の海自基地で運用するべきヘリが足りなくなって、任務に支障が出る。

 「いずも」「かが」」の任務は、あくまでも『災害救助』という自衛隊の真の本業にあります。

 自衛隊は軍隊ではないので、災害救助に特化するべきです。

 そもそも、装備も兵站も戦闘を想定していないので、いざという実戦ではまったく役に立ちません。

 

 それと、「いずも」「かが」に、F35の垂直離着陸型のF35Bを配備して、本格的な空母運用をしようとか、ばかなことをいうひともいます。

 バカなことです。

 F35Bは、燃料搭載量も少ない(航続距離が短い)し、搭載爆弾量も少ない。

 あくまでも、「米海軍海兵隊」という特殊部隊があってこそ運用できる機体です。

 特殊部隊もいない海自には、使えない機体です。

 そんなF35Bをヘリ母艦にのせても、使いみちがないのです。

 改装する経費と、F35B部隊の運用経費もとてつもない金額になるので、現実性はないのです。

 さらに

 米国では、現代の兵器水準において、「空母の有用性」に疑問符がついています。

 トランプ大統領は「空母を増やすぞ!」と喚いていますが、

 肝心の最新鋭米国空母は、あいつぐ不具合で就役できずにいます。

 最新鋭を狙いすぎてしまい、未完成技術を投入した設計になっているので、いつまでも完成しないわけです。

 ようするに、日本で言うと「もんじゅ」のようなもの。

 できるんじゃないの?という甘い考えで作ったら、できませんでした〜の結果なのです。

 そもそも、空母は航空部隊を運用するので「攻撃力」はすごいのですが、

 『防御力が皆無だよ!』という事実はWW2から変わっていません。

 ミッドウェーで空母が壊滅して海軍が終了してしまった日本海軍の例が、現代の米国海軍でも再現する可能性が・・・

 低くないどころか、対艦ミサイルの性能を考えると、防空能力よりも大量の最新鋭超音速ミサイルや防御不可能な魚雷を打ち込まれてしまって、5000人の兵員と数兆円の兵器とともに沈んでしまう確率のほうが高いのです。

 現実に、ロシアや中国の「対空母ミサイル&魚雷」は開発が進んでいますし、

 「潜水艦」の脅威はいつまでたっても空母機動部隊の最大の問題です。

 現代の模擬戦で空母部隊が潜水艦と戦っての結果は、圧倒的に潜水艦が勝利しています。

 潜水艦といっても旧式のディーゼル型で充分なのです。静かだし。

 そんな安価な潜水艦に、数兆円の空母機動艦隊が壊滅させられるわけです。

 米海軍で高額な空母に対して疑問がもたれているのも当然ですね。

 そんなわけで、海自のヘリ母艦は「災害救助任務専用」です。

 防御能力がないんだから、戦闘の前線に出るなんてありえません。

 むしろ。海自が強化するべきなのは、潜水艦部隊でしょう。

■海自最大の護衛艦「かが」就役 248mのヘリ空母

(朝日新聞デジタル - 03月22日 11:16)