読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希望こそ宝だ…♪

いつも有難うございます。躍動の1日ワクワクドキドキ…今日も一歩でも前へ…

※名言の紹介※

◆一般に

、言い訳の上手い人は

たいてい

それ以外のことには

なにも

長けていないものだ。

フランクリン

     

※命に活力を…※

■共に、生涯の友として、共に、今世の約束を、共に、完遂したといって、共に、手をとりあって、感涙したい。

★クイズ を 解こう ★

★ Aさんは、自宅が古くなってきたので、リフォームすることにしました。後々トラブルにならないよう、しっかり見積もりを書面で出してもらい、工事内容や代金に納得したので、B会社にリフォームをお願しました。しかし、工事が完了した後に、見積もりの2倍の金額を請求されました。工事の途中で見積もりが大きく変わることなど、一度も伝えられていません。すでに工事が終了したとはいえ、Aさんは、B社に言われるがままリフォーム代を支払わなければならないのでしょうか?

1. 見積もりの2倍の金額を支払う必要がある

2. 見積もりの2倍の金額を支払う必要はない

◎幸運を呼ぶ宝箱※◎

◆人は、行動のスピードをあげると、考えがポジティブになるそうです。

思い付いたら、即行動なのですね。

それを、色々と考えていくうちに、人はネガティブなことを考え出すようです。やがてネガティブなことが沢山になり、行動することを止めてしまうのですね。ワクワクするような思いつき(閃き)は、小さな事からでも行動に移す。

それが、人生を楽しく過ごすコツでもあるようですよ。

クイズの答えです?

☆ 2. 見積もりの2倍の金額を支払う必要はない

Aさんは、リフォームするに先立って、後々トラブルにならないよう、しっかり見積もりを書面で出してもらい、工事内容や代金に納得したことから、B社にリフォームを頼んでいます。

すなわち、AさんとB会社との間に最初の見積もり額でリフォームすることを内容とする、民法上の請負契約が成立しています(632条)。

工事途中で見積もり額が大きく変わることなどの伝達がなされていない以上、業者から見積もりの2倍の金額を請求されたとしても、支払う必要はありません。最初の見積もり金額を支払えば足ります。