読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謝罪

「この度は大変申し訳ございませんでした!」

ってまるでテレビの記者会見のような45度の最敬礼でした。

中国語を習っている学校の広告で僕がHSK6級を持っていないのに持っていると出てしまった記事。

これを解決するには実際に僕が受検して合格するしかないねと学校に伝えました。

腰の痛みで2週間授業にこれなかったので昨日責任者が僕の授業のあと、面と向かって誤りに来ました。日本式のクレーム対応です。

僕としては7年間通っている学校にクレームを付けたいわけでも怒っているわけでもないのであまり大げさにしなくて結構ですと何度も繰り返しました。学校側とこじれて今後モデルの仕事が減ったら嫌だからです。

さて、6級を取るために一気に話が進められました。

決戦は6月11日、模擬試験は5月27日、対応策セミナーは5月7日とし、それに至るまでの特別レッスンは5月7日にまず2時間やってみるとの事。その後は今勉強している孫氏の兵法や太極拳の予定は変えずに対策授業を入れていくと決まりました。試験前まで忙しくなります。

教材、受検料などは全て学校が負担してくれます。

広報を担当している新人が、僕が7年も中国にいるのだからHSK6級くらいは持っているだろうという想定で広告記事を書いたのが原因です。学校側からすれば高い授業料ですね。頑張ります!