読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「海北友松」展@京都国立博物館

桃山時代の絵画で、狩野派長谷川等伯以外の画家を単独で取り上げることは珍しいので、いそいそと京博に行ってきた。元々見に行くつもりだったけど、ラッキーなことに、展覧会のチケットが当たったんだよねぇ。フリーカード・システム(FCS)さん、ありがとう

平日の雨の日だったのに、結構なお客様の入りで、ビックリでも、新館の広いスペースをゆったりと使用した展示で、見やすくて良かったなぁ。

海北友松は元々は狩野派に師事していたということで、一番最初に展示されてた「菊慈童図屏風」の岩の描き方は狩野派そのものだった。「柏に猿図」の手長猿はモチーフとして他の画家もよく描いているけど、黒いお猿が片腕を白いお猿の両足で掴まれてぶら下がっている構図は面白かったな

友松の代表作は建仁寺の襖絵で、メインビジュアルの「雲龍図」も大方丈のもの。元は襖絵だったのが、今は軸装に変わっているけど、軸装だと展示した時にどうしても隙間ができちゃうから、見る分には襖絵の方がいいんだけどな。龍の絵もいろんな画家のを見てるけど、友松の龍は首の骨というか背骨というかがゴツゴツしてて、まるで骨の数を数えられそうで、なぜかそこに目がいったよ。今まで首なんかあんまり気にしたことなかったんだけど

建仁寺の作品は水墨画がメインだったから、派手好きな私にはイマイチ物足りず、妙心寺の金碧の屏風を見て、一気にテンションアップやっぱり、桃山時代と言えば、派手さがウリだからねぇ。ポスターにも使われていた「花卉図屏風」の右隻は、金地に牡丹が咲き乱れていて、花芯の赤紫から、花弁の先に向かって薄くグラデーションしていくのがとっても綺麗左隻は右隻と違って金地の余白が多くて、そこに老梅と椿の白が清楚な感じ。もう綺麗としか言いようがない

「浜松図屏風」は日本橋にある国立文楽劇場の緞帳の原案として使われているから、実物を見れて満足。緞帳と違って、実物は青海波が執拗なまでに描かれていたから、そこまで波立ってるの?って心の中で突っ込んだけど。

「三酸図屏風」の3人が「桃花酸」を舐めて、眉間に皺を寄せて、口を窄めている表情もユーモラスだったし、「白鷲図」の鷺も惚けた感じで可愛かった。「放馬図屏風」は黒馬を没骨技法で、白馬を一筆描きのように輪郭だけで描いてるけど、まるで漏斗のような三角形が馬の脚に見えるんだから、すごいよねぇ。絵が上手いって素敵。

建仁寺が友松作品の宝庫、という解説があったから、ふと思いついて12年前の「建仁寺展」の図録を見たら、今回出展されていた「竹林七賢図」などの作品をすでにその時に見ていたことが判明!全然覚えてなくて、どんだけ俵屋宗達の「風神雷神図屏風」に意識がいってたんだって思った次第でも、今回はちゃんと名前を意識して鑑賞したし、春日局の父:斎藤利三とのエピソードなど、へぇ〜と思うことも初めて知れた、展覧会でした。